会社の沿革

1716年 享保元年 薬種商として創業。
1924年 大正13年 大阪市東区今橋4丁目にて白井松新薬部として発足する。
1945年  昭和20年 戦時企業統合で鳥居薬品と合併後、大阪市旭区赤川町にて大三医薬品研究所として再興する。
1948年  昭和23年  販売会社白井松薬品工業株式会社を設立する。
1949年  昭和24年  大三医薬品研究所の資産を継承し、白井松薬品工業株式会社に製造および販売を統合し、
総合事業体として発足する。
1955年  昭和30年  白井松新薬株式会社に社名変更する。
1973年  昭和48年  滋賀県甲賀郡水口町宇川37番地の1に本社並びに工場を移転する。
1980年  昭和55年  健産事業部(現薬粧部)設立。
1981年   昭和56年  植物より抽出の消臭物質が家庭用消臭剤、環境衛生消臭剤として用途開発される。
1987年   昭和62年  天然植物消臭剤が医薬部外品として許可される。
1988年  昭和63年  天然植物消臭剤の特許承認される。
1993年  平成5年  抗菌成分の製造法特許申請。
1996年  平成8年  東京都中央区日本橋本町4丁目8番16号に本社を移転する。
1999年  平成11年  医療用薬品(病院向け)事業を、田辺三菱製薬(株)に製造権・販売権とも承継譲渡する。
2011年  平成23年  東京都中央区京橋2丁目7番14号に本社を移転する。